読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醜い濡れ烏のありつたけ

💚マイメロニナリタイ💚

好きな人を嫌いにはなれない論。

およそ一年前のブログを読み返してみます。

 

2番目の記事をです。

 

一目惚れしてしまったのが早くも3年前になるんですって。

 

僕には好きな先生がおりました。

 

あの白玉先生です。

 

今年度も異動等なく学校におられておいでです。

 

彼の挨拶を無視して恋が成就したとか何とか書いてありましたね。

 

そんな恋愛成就から丸2年。

 

その先生の事なんてもうどうでもいい。

 

寧ろ嫌い。

 

今は別に好きな先生おるし。

 

とのつもりでした。

 

…。

 

あれおかしい。

 

彼が視界に入るとき、

 

どうしても、どうしても彼の事を意識してしまう…

 

彼の事、つい見ちゃう…

 

そういえばこの前、階段を登っておりました時、偶然にも彼とすれ違っちゃいました。

 

そんな時に備え、僕はいつも下を向いて歩いております。

 

その時も下を向いて歩いておりましたので顔こそ見えなかったものの、シワの一切見当たらない真っ白なワイシャツに、意外にもしっかりとした腰回りに…あの白玉先生だと判断するまでにそう時間のかかりませんでした。

 

こういうの、分かちゃうもんなんです。

 

それと同時に、僕は彼から視線を感じずにはいられませんでした。

 

そして、彼から少し避けられた感否めません。

 

自意識過剰です。

 

でも、彼から少しでも、ほんの少しでも意識されたとしらならば…

 

「あの子だ…。」だなんて思われたとしたのならば…

 

そんな事思ってる内に気づけばもう階段を登り切っておりました。

 

…にしてもどうして未だに好きなのでしょう。

 

どうして嫌いになれないのでしょう。

 

毎度思ってしまいます。

 

一瞬で人の事を嫌いになれるスイッチとかありゃいいのになぁだなんて。

 

無いときた。

 

どうしよう…。

 

そんなモヤモヤ、何処に昇華させるか。f:id:mntk1105:20170427005832j:image

日本美術にです。

f:id:mntk1105:20170427005939j:image

ほんの最近から、西洋美術に引き続きお勉強致しております。

 

てか面白いですね。

 

西洋美術を観てた時なんかには日本の美術になんて一切の興味を持てておりませんでしたので。

 

何がいいのやら…と。

 

そんな人が浮世絵なんかに美を見出してしまうのですから人生も分からないものです。

 

美術に接してる内に自然と美的センスでも鍛わっちゃったのでしょう。

 

てかそうで無い限り、この現象に説明が付けられません。

 

そんな鍛えられたセンスあるこの目で「醜い濡れ烏のありつたけ」とのブログタイトルを読んでみた時、ちょっとダサく感じてしまったのです。

 

この決めてる感。

 

ですので、1周年を機にとも題しましてブログのタイトルを変えたく存じます。

 

タイトル、もう決まっております。

 

「醜い竹の子論 Ⅱ」です。

 

「まいめろちゅっ。」と本気で悩んじゃいました。

 

実は先のタイトル、それこそ1年前のほんの一時期実際に使用しておりました。

 

ですので「Ⅱ」。

 

「竹の子」にも色々な思いが御座います。

 

僕並みのアクの強さ。

 

アク取りゃまあ美味い。

 

美しく凛々しい竹へと成長してく。

 

そんな存在への憧れです。

 

そして、極め付けに僕の父の名前が竹○さんなのです。

 

ですので、小さい頃なんかによく「竹の子やね。」とやら言われて来ました。

 

「竹の子」は最早「僕」だったのです。

 

そして「醜い」だけは譲れません。

 

実際に醜いですので。

 

そんな捻くれた時をこれからも綴ってまいります。

 

自分の事を醜いだなんて思えなくなるその日まで。

 

乞うご期待。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1ヶ月前、1年後からの10年後。

授業始まりまして、1週間が経ちました。

 

無事、皆勤できました。

 

体育も意外にすんなりとクリアです。

 

そしてそして、授業が終わってからの4時間くらいかな、図書館にこもってのお勉強も出来ております。

 

内2時間数学してますけれども。

 

目指すは福岡教育大学ですからね。

 

やっとその目標に向かって動き出して来ましたよ。

 

そんな目標であります家庭科の先生。

 

前に保育を専門とした…と言っておりましたが、食分野もやはり魅力的です。

 

栄養素とか好きなんですよ。

 

って言うことで、図書館におりますついでにちょこっとだけ、館内にあります「日本食物史」との本を読んでおります。

f:id:mntk1105:20170422141138j:image

なんか地味なのですが、案外興味深く読めております。

 

稷だの粟だのどんぐりだの…。

 

今のところ一度たりとも「美味しそう」だなんて思えておりません。

 

そんな本読んでおりますと思い出してしまいますのが、あのまかない達。

 

去年度アルバイト先で無料で頂いておりましたパスタです。

 

ナポリタンに…

f:id:mntk1105:20170422142030j:image

カルボナーラ

f:id:mntk1105:20170422142043j:image

ジェノベーゼまで…

f:id:mntk1105:20170422142057j:image

今はジェノベーゼが食べたい。

 

バカみたく食べていたことを思い出してしまいました。

 

皆、元気にしてるかな。

 

然し乍ら、「今日バイト来て。」って今突然言われたとしたら、ちゃんと仕事できるものなのでしょうか。

 

ピザ作れるかなぁ…。

 

ホール回せるかなぁ…。

 

コーヒー作れるかなぁ…。

 

こんなこと思うのも中々楽しいものです。

 

食器洗いさえ懐かしく感じます。

 

1日限定でならしてみたいですね。

 

そしてそして、悲報です。

 

フランス語の勉強。

 

一旦辞めちゃいました。

 

英語のお勉強をしなきゃですので。

 

しかし、大学でも気の変わらなければ第2外国語にでもフランス語を取ってお勉強を再開させたいものです。

 

だって、

 

フランスの日本人学校で日本料理を教える。

f:id:mntk1105:20170422144839j:image

休日はオルセー美術館オランピア鑑賞。

f:id:mntk1105:20170422143621j:image

夕食は市場でちょっと奮発して買っちゃったお肉とお野菜とで。

f:id:mntk1105:20170422144640j:image

これを叶えなければなりませんもの。

 

それにしても至高ね。

 

勉強も…恋も…突っ走るのみ。

 

 

 

 

緩いな。

自転車で通学するにはステッカーを買う必要がございます。

 

買えない間は自転車通学が許されませんので、しばらくは電車通学です。

 

然し乍ら電車って便利ですよね。

 

お金はかかってしまいますけれども。

 

ある日、電車に乗っておりましたところ、見覚えのあるお顔を拝見致しました。

 

チラチラ見て見ましたところ、なんと彼だったのです。

f:id:mntk1105:20170418213216j:image

RKB毎日放送の宮脇憲一アナウンサーだったのですね。

f:id:mntk1105:20170418213320j:image

彼、スポーツアナウンサーですのでちゃんとスポーツ新聞読まれておいででしたよ。

 

それにしても、アナウンサー好きと致しましてはやはり大変嬉しいこと。

 

握手して欲しかったのですが、アナウンサーといえど一会社員のご出勤でしかありませんのでそっとしておきました。

 

そう諦めた次の瞬間、彼女が目に飛び込んできたのです。

f:id:mntk1105:20170418213721j:image

福岡のローカルタレント三好美優さんです。

 

KBC朝の情報番組「アサデス。」にご出演されております。

 

彼女に関してしてはマスク姿でしたので確信とまではいきませんでしたが、きっと三好さんです。

 

いや、絶対に三好さんです。

 

ちょうど三好さんの目の前に宮脇アナが座っていらっしゃったのです。

 

カオス。

 

お互いどう思ってんだろう…だなんて思いながら、電車を後に致しました。 

 

また別の日。

 

自転車通学許可書みたいな書類を書き上げましたので、職員室へ渡しに行きました。

 

やっとステッカーが貰える。

 

だなんて呑気に思いながらいざ担当の先生の元へ…。

 

「あの〜。すみません。」

 

「はい。」

 

僕は彼の事を知っておりました。

 

って言いましても、着任式で唯目にしただけですけど。

 

然し乍ら印象深く覚えておりました。

 

着任式で彼が登壇したその瞬間、周りのjkが唸りだすのです。

 

「イケメンじゃね。」

 

「可愛い。」

 

反応はこの2つ。

 

僕も確かに若いなぁとは思いました。

 

身長は低めなのですがなんて言いましょう…ムチムチって言ったら変態だと思われそうですがそんな体格。

 

ルックスはよく見ておりませんでした。

 

因みに世界史の先生なんだそうです。

 

そんな先生との余りにも事務的すぎる生会話。

 

先生の口調は生徒に舐められない様にか何処か高圧的。

 

…先生ぶってる。

 

そう捻くらした次の瞬間。

 

彼の瞳と

 

僕の眼が

 

ちょっとだけ

 

触れ合っちゃったのです。

 

彼の瞳はダークホール

 

一瞬にして、僕は吸い込まれる。

 

余りにも透き通った瞳…

 

流麗で健やかなお鼻立ち…

 

小学生みたいにツンツンとした黒髪…

 

見た目にそぐわない汗の匂い…

 

どれもが…

 

どれもが可愛かった。

 

どれもが愛せた。

 

どれもが…欲しくなった…。

 

でも僕は表情を変えない。

 

変えたら、バレちゃうから。

 

でも、なんか鈍感そうな彼の表情見てたら逆にバレたくなっちゃたりもした。

 

男の僕が、男のあなたの事が好きなんだって。

 

「教師と生徒なんだぞ。」

 

とか言い出しそう。

 

これも真剣に。

 

そんな妄想が尽きない。

 

図書室で勉強してる時、皆の邪魔にならない様に耳元で囁かれる。

 

「メシ行かん?」

f:id:mntk1105:20170418230800j:image

 

バレンタインデーチョコをあげる。

 

「いいん?ありがとな。」

f:id:mntk1105:20170418230820j:image

 

福岡タワーに登る。

 

「俺ん家あそこらへんやん。」

f:id:mntk1105:20170418230226j:image

 

彼のかたを揉む。

 

「もっと下。」

 

 

なんでもいい。

 

1つでも叶えば、僕は幸せになれる。

 

生きてる意義を直接的に見いだせる。

 

でも叶わない。

 

その現実に、僕はそっと目を瞑る。

 

ショパンでも聴きながら…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って諦めるとでも思った?

 

彼のフェイスブックを覗いてみますと、なんとそこにはルーブル美術館の写真が載ってあるではありませんか。

 

旅行でルーブルに訪れた模様です。

 

 

 

あっ。

 

 

 

趣味…合っちゃった。(((o(*゚▽゚*)o)))♡

 

 

 

よく「趣味が合いますね。」ってセリフ恋愛モノなんかで聞きますけど、初めてその喜びを知ってしまいました。

 

好きな人と趣味が合ってしまう喜び。

 

恋愛どうこうっていう前にまず単純に仲良くなれそうなんですよね。

 

西洋美術嗜んでてホントによかった。

 

なんか報われたわ。

 

さあ、元ノンケキラー。

 

再復活の時よ。

 

可愛くなってあの先生の事、落としてみたくない?

 

 

 

待つんじゃない。仕込むの。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

有難い。

高校。

 

ぶっちゃけ普通に行けちゃってます。

 

有難い事。

 

それにしても案外すんなりと行けちゃっておりますが、それは一重に顔がちゃんと戻ってきているからです。

 

あともうちょい。

 

それも治ることを確信しております。

 

顔が中々自然な状態にありながらの学校生活は何処か満たされてしまいます。

 

学校サボってバイトしていた時期とはまた違った満足感です。

 

もちろん、アルバイトに傾倒していた日々に微塵の後悔もないのですが、あるべき日々ではなかったのです。

 

今はあるべき日々を送れています。

  

目標へと繋がるレールの上を歩けてる。

 

ほんとに有難い事。

 

そんな余裕からか、最近はユニクロでお洋服を買いましたり、今日に至りましては喫茶店なんかにお邪魔致しましたよ。 f:id:mntk1105:20170413191839j:image

偶然にも本日4月13日って「喫茶店の日」らしいのです。

f:id:mntk1105:20170413193006j:image

そんなおめでたい日にこんなもの頼んじゃいました。

f:id:mntk1105:20170413191946j:image

ちょっと可愛くてついパシャ。

 

パンケーチとホットコーヒー「¥800」です。

 

まあ美味しかったのですが、やはり改めて自分って臆病だなぁと思っちゃいました。

 

オーダー聞いて欲しい時なんかに「すみませーん。」と大きな声で言えなかったり…、もしかしてめんどいの頼んでない?と気を使ってしまったり…。

 

先のお仕事の影響でしょうか。

 

そんなことを思ってしまうのです。

 

このままじゃいかんので次も訓練だと思って何処かの喫茶店にお邪魔したいものです。

 

スタバへ向けて…。

 

そんなこんなの帰り道、本屋さんに寄りました。

 

学習参考書売り場でいつもいつも悩んでしまう事があります。 

 

志望校は福岡教育大学

 

センター試験では文系として受けますので、社会科目を2科目取らなければなりません。

f:id:mntk1105:20170413193611j:image

普通でしたら、「世界史Bと現代社会」といった様に「地歴+公民」が一般的なのですが、私の志望校ですと、「公民+公民」選択が可能なのです。

 

そこで「政治経済+現代社会」みたいな選択を考えてみたのです。

 

政経と現社って内容が被りまくってるんですよ。

 

ですので、政経勉強しときゃ現社も自ずと点数取れる様になっちゃうという…。

 

美味しすぎ。

 

ならそうすれば?と言われそうなのですが、簡単に「地理」を捨てられない…。

 

「地理」の勉強がしたいのです。

 

「地誌」とかにすげー興味があるのです。

 

逆に政治や経済にはそう興味湧かず…。

 

お金か愛か。

 

そんな僕が本屋さんで買って来た参考書がこちら。

f:id:mntk1105:20170413194353j:image

「地理」を選びました。

 

本棚の前で悩んでる時にある言葉が浮かんで来ました。

 

「嫌なら辞めなさい。勉強は贅沢。」

 

林修先生のお言葉です。

 

そうなのです。

 

勉強って贅沢な事。

 

学校に行けてなかった日々が長かったからこそ強く共感できます。

 

それと同時に「勉強しとけばよかった。」と嘆く大人の方々の声も聞こえて来ました。

 

せっかく興味を持てた「地理」を学べる機会なんて大人になってからお仕事なんか始めますとそうない様です。

 

そう考えますと、勉強しかしちゃダメなこれからの受験期一年間だなんてまあ贅沢な期間だったのです。

 

受験は「地理」を学べる絶好のそして唯一かもしれない機会だったのです。

 

有難いね。

 

ですので、私は「地理と現社」をセンター試験で選択する事にしました。

 

夢に向けて…。

 

応援して。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味と夢と。

昨日は整顔矯正を受けて参りました。

 

確実に良くなってきてはいるのですが、完治はまだ先の事みたいです。

 

また、完治というものが余りにも曖昧なものですので、気の抜けないですね。

 

しかし、絶対に治すと決めたからには絶対に治します。

 

そして毎度言っておりますが、絶対に幸せになってやる。

 

そんな想いを胸に昨夕は天神へ訪れました。

 

整骨院から直に行っちゃいました。

 

天神には「ジュンク堂」という大きな本屋さんが御座いまして、そこに伺いましたよ。

 

最近西洋美術に触れてないな〜という事で新たに西洋美術史の本なんかでも買おうと思ったのです。

 

ありました。

f:id:mntk1105:20170408044806j:image

綺麗な表紙でしょ。

 

マネの作品ですね。

 

そうなんです。

 

最近マネが好きでして…。

 

きっかけとなりました作品に「オランピア」が挙げられます。

f:id:mntk1105:20170408044956j:image

この黒人女性が持っている花束に紫が添えてある所にとてつもない可憐さ、センスの良さを見出してしまったのです。

 

そのことからも嗅ぐわってくる妖しげな毒々しさに魅了されずにいられませんでした。

 

数ある美術史本の中でこの本を選びましたのも、そんな「オランピア」に関する記述がなされていたことがやはり大きな決め手でしたね。

f:id:mntk1105:20170408045535j:image

その他にも…

f:id:mntk1105:20170408045608j:image

こんな本も買っちゃいました。

 

そうなんです。

 

未だにフランス語の学習ちゃっかり続けちゃっておりますがなにか。

 

文法メインでこれまで学習を続けて来ましたので、語彙力は当然の事ながら皆無。

 

ですので、ここまでに続けることの出来ました参考書の著者であられます清岡さんの著されました単語帳を使って語彙力を楽しみながら高めようと判断致しました。

 

単調な参考書、単語帳ですと私の性質上続かない様ですので。

 

清岡さんの本は無駄に語りかけてきてくれますので、何処か有機的とでも言いましょうか、その事に助けられてか続けることが出来ております。

 

フランス語のお勉強も頑張りますよ。

 

そんな昨夜、ある夢を見ました。

 

舞台は中学校の調理教室。

 

僕が家庭科の先生となり、調理実習の指導をしておりました。

 

それも結構リアルでして、調理順序の教え方なんかに手こずっておりましたね。

 

そうそう。ピザを作っておりました。

 

そのピザの具材には、キャベツのドレッシング和えにカイワレに…。

 

それぞれの班から2人ほど呼び出して、キャベツとカイワレを取りに来させてましたもん。

 

アルバイトでサラダやピザを作りまくってた事の影響でしょう。

 

それにしても美味しくはなさそう。

 

しかしながら、指導最中は興奮しっぱなしでしたね。

 

授業終わりまで見られなかったのですが、あれから授業成功したかな?

 

取り敢えず、久々の楽しい夢でした。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泣く泣く桜夜道。

2016年7月10日に第24回参議院議員通常選挙が行われました。

 

19歳の僕にも投票権があるとの事で、出し惜しみなく投じた記憶が御座います。

 

その晩がまたたのし。

 

各局が選挙特番をしだすのです。

 

女子アナ好きとしてはそういう特番が放送される度にまあ興奮しちゃうのです。

 

僕はテレ東観てたかな…。

 

大江麻理子さんが出られてましたので。

 

その日の22時に部屋へ戻りスマホを見てみるとなんと着信が入ってあったのです。

 

折り返してみました所…

 

「採用」と言われました。

 

7月11日初出勤です。

 

その日のことも未だに覚えていますね。

 

キッチンでのお仕事でしたので、その基本となるサラダの作り方、ピザの作り方等を教えてもらっておりました。

 

たった3時間半の労働でしたが、すっっごく疲れてたことを覚えております。

 

あれからおよそ9ヶ月が経ちました。

 

辞めることになりました。

 

「9ヶ月」

 

短くはありましたが、濃密なものだったと存じております。

 

初めの頃は兎に角失敗ばかりの日々。

 

「アルバイト 失敗」とかで検索かけてまくってましたもん。

 

しかし、そこで投げ出さなかったのが功を奏したのでしょうか。知らぬ間に出来る様になっている自分がいたのです。

 

感覚って大事ですよね。

 

その感覚って時間をかけないと手に入れられない模様です。

 

逆にそれなりの時間やってりゃ自然と身に着きそうです。

 

僕の場合もその感覚が身に付いたのでしょう。

 

そうなってくると後はその感覚に身を任すだけ。

 

そうするだけで身体が勝手に動いてくれるのです。

 

そんなタイミングで後輩が出来た事も僕にとっては非常に良かったですね。

 

感覚を得られた分余裕持ってして彼彼女らをみてあげることが出来ました。

 

また、彼彼女らのお仕事と僕の持ち得た感覚とを照らし合わせる事で結果違和感であったり符合感であったりを生み出せたのです。

 

そこから言える注意であったり励ましであったりがまた彼彼女らの為になったと信じています。

 

はあ。

 

ホント偉そう。

 

でもそれだけ本気でアルバイトしてましたね。

 

真剣に後輩を育てようと思っておりました。

 

僕の場合は、お客様の為に…とかお店の為に…とかは失礼にも思えておらず、第一に後輩が楽しくお仕事できる様に、第二に教育してるそんな新たな自分を見てみたい…と欲深くも思いながら後輩を育ててました。

 

結果そんな自分を発見する事ができ、大満足です。

 

こんな経験を得られたこのアルバイトは僕にとって相当大きな意義があったと確信しております。

 

また、いい方々に恵まれました。

 

そんな方々とのお別れは、正直寂しい。

 

パートの奥さんからは別れに際し「潰れるかと思ってた。しんりょく(心力?神力?)あるね。」とこれ以上ないお褒めのお言葉を頂きました。

 

「しんりょく」だなんて僕に一番無いと思っていたものでしたので、やはり嬉しかったです。

 

どの方達とも「笑顔」で別れる事が出来ました。

 

そんな帰り道は夜。

 

僕はついつい泣いてしまいました。

 

初めて卒業式で泣く子の気持ちが分かりました。

 

甲子園で泣く選手の気持ちが分かりました。

 

うっと来るものがあるんですよね。

 

僕も失敗ばかりの過去であったりを思い浮かべてうっと来てしまいました。

 

桜夜道に泣いちゃった。

 

しかし、5分後にはまあスッキリしてましたね。

 

清々しかったくらいです。

 

そして家に着き今に至ります。

 

今は学校が始まるまでの約1週間程度のお休みにウキウキしております。

 

まあ直ぐ終わるんでしょうけど…。

 

このアルバイト経験を思いっきりの自信に変え、来年度こそは絶対に高校を卒業してやります。

 

そして、家庭科の先生に絶対になってやります。

 

そして、家庭科の先生としてまた本気で働いてやります!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うち普通にデブすぎやろやば。/禿げる。

さて、私の身長と体重を公表致しますね。

 

身長166cm、体重44kg。

 

デブすぎじゃねこれ普通に的なねいやこれ結構ガチ系じゃねてかマジメにやばくね…。

 

という事で最近は大好きなコンビニスイーツも低カロリーなものへとの変更を余儀なくされております。

 

そんな時、今の私にピッタリのおやつをコンビニで見つけてしまいました。

 

これです。

f:id:mntk1105:20170330175405j:image

どこのプリンかと言いますとなんとあのライザップのプリンなのです。

 

こんなにもホイップのっててボリューミーでもってして糖質が抑えられてるのですから不思議なものです。

 

然し乍ら、購入の際一抹の抵抗感があった事の否めません。

 

だって、甘く無いんでしょ…。

 

欲してるのはそう甘味…。

 

という事で今まで手につけなかったのです。

 

でも痩せたい…。

 

今回はその気持ちが勝ってしまいました。

 

頂いてみました所…普通に美味しかったです。

 

正直ビックリいたしました。

 

普通に甘いのです。

 

甘いくせして糖質OFF。

 

その上本格的なプリンしか持つことの許されない主張しすぎない上品な卵感まで堪能できて…。

 

最高じゃないっすか。

 

これを機に他のライザップおやつにも挑戦して見たく存じております。

 

目指せ。夢の20kg代後半。

 

そんな今日この頃、シャンプーしてる時に手に髪が沢山まとわりついてることに気づいてしまいました。

 

まあ抜けてたのです。

 

デブでハゲとか超ウケた。

 

でも、覚悟は致しておりました。

 

父がハゲなのです。

 

若年性の。

 

私も20になりまして、遺伝してるのであればハゲ出すのもこれくらいの時期からかなぁと心の奥底にてではありますが覚悟致しておりました。

 

でもハゲてらんないよ。

 

といいますのも、本日銀行にお邪魔致しました。

 

その様なところに行きますと、私は必ず奥の方を見てしまいます。

 

何故か。

 

100%の確率でイケメンがいるのです。

 

絶対にいるのです。

 

市役所区役所も然り。

 

あれなんなんでしょうね。

 

兎に角見逃す訳にはいかないのです。

 

そんな兄さん達にハゲすぎやろとかデブくねとか私絶対に思われたく御座いません。

 

だからここに誓います。

 

私、絶対にハゲないから。

 

私、絶対に痩せてみせるから。