読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醜い竹の子論 Ⅱ

日本美術、西洋美術に関心が御座います。アナウンサー大好きです。家庭科教諭を志しております。

さて今回は、「中堅の安定感」「金にニヤケる」「女子力高め」の3本です。

アルバイトを始めまして早半年が過ぎました。

 

昨日から女性の方が新人として仲間入りし、今日数えてみたところなんと後輩が2人も出来ちゃっていました。

 

そんな状況の中店側が半年目の私に求めるもの。

 

それは「中堅の安定感」です。

 

そしてその要求にしっかりとお応えしていると自負しております。

 

ホールでのお仕事において失敗しないことはもとより、新人の教育にも力を入れておりますので。

 

「あいつをホールに入れときゃ大安泰。」

 

現にそう思われていることでしょう。

 

そんな今日この頃。

 

給料明細が届きました。

 

本日もホール担当でかつ暇すぎたのでお店で開いちゃいました。

 

見てみますとなんということでしょう。

 

まあまあ入っていたのです。

 

昨年度のお仕事を含めましても過去最高の額でした。

 

正直言っていいん。

 

ニヤケちゃいましたね。

 

しかしながらそのニヤケは単に欲しいものが買える!!との考えから出現したものでは無いのです。

 

社会からまあまあ必要とされたんだなぁ〜的な感慨からのニヤケでしたね。

 

そんなことを思い馳せながら帰路を辿りました。

 

家ではコンビニで買いましたスウィーツを口いっぱいに頬張るのを習慣としているのですが、今晩はそのスウィーツとしてプレーンヨーグルトに蜂蜜をかけましたものを頂きました。

 

おいしかったです。

 

それにしても女子力高めかも…。

 

やば。

 

それではまた次回もみてくださいね。

 

ジャンケン

 

✌️

 

ウフフフフフ。

f:id:mntk1105:20170119234323j:image

 

 

 

 

 

 

目標。

最近は専ら

f:id:mntk1105:20170119162528j:image

こんな本や

f:id:mntk1105:20170119162644j:image

こんな本を読んでいます。

 

好きなんだと思います。

 

そういうのが。

 

「観察力を磨く」に至りましては西洋美術と自己啓発の融合した様な本で最高ですね。

 

絵を読むことでコミュニケーション能力を磨こう!みたいな項目もあり、非常に興味深く読み進めています。

 

その様に私の好きな西洋美術史

 

大学でまで学ぼうとしたこの西洋美術史を趣味に留めておくことを最近になり決意致しました。

 

そうなんです。

 

正直まだ迷ってました。

 

西洋美術史」か「家庭科の先生」か。

 

そんな中胸を痛めるニュースを見ました。

 

児童虐待のニュースです。

 

最近よく耳にする「虐待」。

 

その言葉をニュースで聞くだたびにその加害者に対し「なんでこいつらに子供もてるんだ。」と腹を立ててしまっておりました。

 

子供持てない人間だからこそより強く思えた模様です。

 

そして、子供の身になりますとやはり辛い。

 

しかもその辛さはその子にとってその場限りのものではありません。

 

もしかすると一生背負ってくものになり兼ねないのです。

 

…その様な子を無くしたいと思った時、その気持ちは学びたいに変わりました。

 

そして学び得た知識もってして虐待防止に努めたい。

 

その志と家庭科の先生という職業が良くマッチしてたのです。

 

よって保育・児童学を専門とした家庭科教諭に将来の職業として魅力を感じ始めたのです。

 

そしてあわよくばスウェーデンなんかの日本人学校で教鞭を執りたい。

 

趣味は西洋美術史

 

自分だけの幸せの形が確立して参りましたよ、冬。

 

 

絶対に幸せになる。

 

 

幸せにすることによって…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

爽快。

本日もホールでのお仕事。

 

暇でしたので早めに帰ることが出来ました。

 

暇な時は暇な時でまあ楽しいですよ。

 

そこに置いてある雑誌読みながらパートさんが用意してくださったお菓子を食べ、呼ばれりゃ大好きなホールをバシバシ裁く。

 

天国ですね。

 

雑誌読んでお菓子食べてホール回してお金頂けるのですから。

 

全部ホールでのお話ですけど。

 

本日も上記の様なスタイルでお仕事しておりました。が、ある時副店長的な社員の方から「キッチンの人が今日休むけんちょっとだけ仕込みしとって。」と言われました。

 

仕込みをしながら私しか担当がいないのでホールをも裁かなければならない。

 

なかなかハードルの高い事です。

 

しかしながらあの私の事です。

 

「やってやるばい。」

 

潔くキッチンへ向かいました。

 

食材を準備してミキサーにかけるのですが、スイッチをいれたまさにその瞬間!!!!!!!!

 

「ちっ。」

 

片付ける為彼の背後を通り抜けたその瞬間!!!!!!!!

 

「ちっ。」

 

チューされたわけではありません。

 

なんと舌打ちをされたのです。

 

ミキサーがうるさかったのでしょう。

 

通った時邪魔だったのでしょう。

 

それにしても失敗をしたわけではありません。

 

お客様にご迷惑をおかけした訳でもありません。

 

もしそうであったとすれば舌打ちにはとても納得ができ、そして落ち込んじゃうのですが、今回の舌打ちは最早腹立たしかったですね。

 

原因は僕にあったんでしょうけどやはり腹立たしかったです。

 

ちょっとキレちゃった私は仕込み後ホールに戻ってミキサーとは比べ物にならないくらいにうるさくギーギーとコーヒー豆粉砕してやりましたよ。

 

爽快でしたね。

 

文句のつけようがないんですもん。

 

笑みすら浮かべておりましたね。

 

そしてそしてこんなシーンを想像してしまいました。

 

 

社員「ちっ。」

 

私「分かりました。私にはこの仕事向いてない様ですので大至急辞めます。」

 

 

あの店のシフトは私に強く依存しており、特に今月は大学が試験シーズンらしく大学生の先輩方が来れないという事もあって、益々この私に仕事が回ってきています。

 

そんな状況でのこのセリフはどうも破壊力そして爽快感MAXな模様です。

 

幼稚ですけれど。

 

そして皆さんご心配なさってくださっていると思いますが大丈夫です。

 

今はもうキレてないですよ

 

そして、まだ辞めません。

 

 

私。

 

 

絶対に辞めませんから。

 

 

 

一匹狼「ねぇ。そのホール。私に裁かせてよ。」

「私失敗しないので。」

 

店長「ダメだ。キッチンしなさい。」

 

一匹狼「致しません。」

 

店長「御意は!!」

 

一匹狼「致しません。」

 

店長「たかがアルバイトが。」

 

本日は久々にキッチンでのお仕事。

 

しかも1日中。

 

やってられんがに。

 

あぁー。ホールしたーいなぁー。

 

一匹狼「ホール趣味なんで。」

 

これはガチ。

 

ホールは本当に楽しい。

 

忙しい時ほど楽しい。

 

バタバタバタバタバタバタバタバタ裁いて裁いて裁いて裁いて。

 

まだまだ。

 

もっと効率よく裁きたくて震えちゃっております、冬。

 

…今は家で休憩中で、これから職場に向かいまたキッチンするのですが、まあ明日ホール出来る様ですので大人しく頑張りますよーと。

 

一匹狼「御意。」

慣れた。

新年明けましておめでとうございます。

 

今年もよろしくお願いします。

 

2017年スタートして早くも1週間が経とうとしています。

 

今年のお正月は前年のものとは比べものにならないくらいにほんわかと満たされながら過ごすことが出来ましたね。

 

去年の年越しは地獄の中で寝ておりました…。

 

思い出したくもない。

 

まあいいとして、今年こそは「飛躍」の年にしたいものです。

f:id:mntk1105:20170106052754j:image

 

私は1月の2日からお仕事しておりまして、幸先のいいことにホールでのお仕事が続いた1週間でした。

 

ホールでの初失敗は今の所お預け。

 

絶賛フルコンボ中。

 

 

そんな中昨日のホールでの事です。

 

 

プルプルプル。

 

電話対応は嫌いでなくいつも率先して出ています。

 

私「お電話ありがとうございます!!」

 

?「A店舗の〇〇です。」

 

他店舗の方から電話がありました。

 

私「今変わりますね。」

 

私はBさんに電話を渡しました。

 

Bさんは副店長みたいな方。

 

舌打ちしてくるけど根は優しいお方です。

 

B「はーい、お疲れ様です。」

 

ここまではいい。

 

B「そうそうあれが〇〇(私の名前)っす。」

 

?「(X)」

 

B「うちらは慣れてるんで。」

 

ここで問題です。

 

(X)に入る言葉を次の選択肢の中から1つ選びなさい。

 

①新人って言ってたのあの。

 

②仕事できるって言ってたあの。

 

③かわいいって言ってたあの。

 

④おかまって言ってたあの。

 

ここでちょっと説明しますね。

 

Bさんは最近になり時々A店舗へヘルプとして働きにいっている模様です。

 

あの二人の間に私の名前が出てきたということはつまりBさんがそのA店舗において私を話題にしていたと考えられます。

 

そこでBさんが私の何を話題にしたかが今問われているのです。

 

 

一緒に解いてみましょうよ。あ。

 

まず、(X)の次のBさんのセリフに注目してみてください。

 

B「うちらは慣れてるんで。」

 

Xはポジティブな言葉ではなさそう。

 

ここで②、③の可能性は無くなりました。

 

①か④か。

 

①新人って言ってたあの。

 

話題性はままあるのですがどうもその後に続く「うちらは慣れてるんで。」には繋がりにくい。

 

 

答え合わせ。

 

 

答えは④「おかまって言ってたあの。」です。

 

話題性抜群。

 

「うちらは慣れてるんで。」に完全適合。

 

それだけでなく電話口のなよなよした声を聴いたA店舗の方が一発で「あのあいつだ。」と判断できる。

 

 

完    璧。

 

 

電話してるBさんの話を聴いてそう判断するまでに鋭いのでしょう2秒はかかりませんでした。

 

3秒後にはショックを受けておりました。

 

失敗して怒られて受ける何倍ものショックを。

 

優しくしてくださっていた先輩が他店舗では僕の絶対に知られたくないセクシュアリティな部分を言いふらしている。

 

なよなよしてた自分にも非があるのは十分に分かりきっています。 

 

その事でお客様を笑わせてしまったこともあります。

 

第三者から撮られた動画にうつる自分を僕は嫌悪してしまいます。

 

思った以上に気持ち悪いのです。

 

第三者にそう思わせていると思うと…。

 

普通でいたい。

 

でも、普通が分からない。

 

普通になれない。

 

 

「うちら」発言もまあ悲しい。

 

とても優しくしてくださったあのパートの奥さんも僕に「慣れた」のか。

 

最近イギリスへ留学してたことが発覚してますます会話が楽しくなってきたあの後輩くんも僕に「慣れた」のか。

 

そう考え出すと無限に広がる恐怖。

 

やっぱりキモ。

 

現にそう思われてか中学生の頃、仲良くしてた友人との会話が夏休み明けに突如なくなるという悲劇を経験しております。

 

そうなってしまうのではないか。

 

 

怖い。

 

 

上品だと思っていた自分の接客態度はやはり滑稽で気持ち悪かった。

 

 

声。仕草。態度。

 

 

気持ち悪かった。

 

 

自分らしくお仕事がしたい。

 

でもそうしたらキモい。

 

一体どうすればいいのでしょうか。

 

 

 

 

普通にかわいそう。

 

 

強くなるしかない様ですので。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

超★絶★速★報

はい。ありがとうございます。はい。ありがとうございます。はいはーい。ありがとうございます。

 

 

 

イケメンご来店です。

 

 

 

運だけはよく今日もホールでのお仕事で、彼を精一杯もてなすことが出来ました。

 

彼。ガチでかっこよかったっす。

 

芸能人でいいますと、町田啓太さん似でしたね。

f:id:mntk1105:20161230151503j:image

お顔がホント小さくて、全体的に暗くまとめたファッションがまあお似合いでかっこよくて、おまけにいい匂いまでして…。

f:id:mntk1105:20161230152032j:image

 

当然のように隣におられました可愛らしい彼女さんがまあ羨ましいこと。

 

食後にホットコーヒーを頼まれていましたね。

f:id:mntk1105:20161230152425j:image

素敵すぎはしませんかね。

 

そんな彼のお冷グラスを覗き見ればなんとすでに空っぽ。

 

私すかさず彼の元に行きお冷を注いであげました。

 

すると彼はそのキラッキラな瞳で私の目を見つめ、「ありがとうございます。」と声をかけて下さいました。

f:id:mntk1105:20161230152848j:image

 

私、バカバカ〜💕。

 

そん時チャンスだったんだよ。

 

あひる口して上目遣いかましてやりゃよかったところを…。

 

彼のお顔を視界に入れながらもつい目を逸らしてしまいましたね。

 

何やってんだか。

 

あっんなに見つめられといて。

 

後悔…。

 

しかしここまでは彼といい感じ。(接客的に)

f:id:mntk1105:20161230153342j:image

 

よし!レジにて彼のラインID挟まった伝票受け取ってくれようと思った次の瞬間。

 

 

店長「今から休憩入って。」

 

 

 

普通にふざけてんじゃねーぞ、お。

 

彼と最後の最後で会うことが出来ず…。

 

 

はぁ。

 

またのご来店お待ちしております。

f:id:mntk1105:20161230153841j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

先輩にしたいランキングNO.1取っちゃったんですけど何か?

こんにちは。

 

つい4時間半まで絶望しておりました。

 

と言いますのも、前のブログに出てきました新人の彼が「ホール」に入ってたんです。

 

という事はと悟っちゃったんですね。

 

彼ホールとして育てられるんやな。と。

 

突然辞めたしまった女子短大生がホール専属のアルバイトでしたのでまあそうなるのが自然なのでしょうが、ホールしたくてしたくて震えちゃう自分からすればやはり面白くない。

 

これから灰色のキッチン生活が始まるんだなーと嘆いておりました。

 

しかし、今朝職場に入りますと先輩から「今日外やけん」との一言。

 

外とはホールのことです。

 

「えっ。」

 

その代わりに誰がキッチンに入ったか。

 

 

新人くんでした。

 

 

神は僕のことを見捨てて無かったですね。

 

さらに先輩から一言。

 

「サラダとピザの作り方教えてやっとって。」

 

丁寧に時にユーモアをも交えながら教えてやりましたよ。

 

教えながら「自分最高の先輩じゃん。」「こんな先輩が欲かったです。」とか思っちゃいましたね。

 

ホールでのお仕事もミスすることなくテキパキと裁くことが出来ました。

 

快    感。

 

クリスマスで得た汚名を返上した格好です。

 

さあ今日も一日中お仕事なんです。

 

この休憩後は、ついに新人くんとホールを回すことになっているのです。

 

緊張しちゃうでしょうね。

 

バッカみたいに失敗してきたからこそ持てる優しさ持ってして彼をサポートしたいものです。

 

(とか言っときながら僕が率先して失敗してたりして…。)

 

やったるで。

 

f:id:mntk1105:20161228162220j:image

⬆︎ホールでの僕。

 

f:id:mntk1105:20161228162242j:image

⬆︎キッチンでの僕。


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ