醜い竹の子論 Ⅱ

日本美術、西洋美術に関心が御座います。アナウンサー大好きです。家庭科教諭を志しております。

刺身食べたいね

ここ数日間まあ大変でしたね。

 

先輩のインフルエンザ…。

 

仕方のないことなのですが、そのシワは当然のようにわたしに寄ります。

 

そして、なんとあの「新人君」が突然の音信不通…

 

辞めちゃったのです。

 

そのシワをもわたしに寄り…

 

ダブルしわ寄せ状態。

 

とにかく、新人君が辞めたことに関しては迷惑と思うよりも、先輩としていけないとこがあったんじゃないか、サポートしきれなかったんじゃないかと多少なりとも思い至ってしまいますね。

 

そんな事を思ってますと、また新たに「新人ちゃん」が入ってきました。

 

女性の方です。

 

彼女も過去のわたしと比較しますと良く動けており、かつ失敗も少なく即戦力が期待されています。

 

半ばわたしが彼女の教育係を任されておりますのでとても嬉しいものです。

 

そんなわたしの教育を見て、社員の先輩が「意外と鬼やね」と評してくださいました。

 

「意外と」についつい喜んでしまいましたね。

 

しかりまくる訳ではありません。

 

放っておくスタンスで彼女を成長させようと努めた姿がそう映ったのでしょう。

 

早く彼女を独り立ちさせたい…

 

そして、休みたい…

 

正直にいうとそんな思いからです。

 

その結果、来週からはマシなシフトになりそうですね。

 

 

しかしながら面白いものです。

 

1月2日くらいの出勤中なにを思ったか。

 

「宣言します。すぐ節分くるよ。」

 

こんな事独りで思っておりました。

 

知らぬ間に終わっていましたね。

 

一月往ぬる二月逃げる三月去ると言います。

 

宣言します。

 

すぐひな祭りとかいいだしますよ…

 

そして、わたくし、3月いっぱいでお仕事に休止符を打つ事になりそうなのです。

 

ですので…すぐ…辞める日が…ぐすん…きますよ。

 

っていいますのも、1月31日、超お久しぶりに高校に登校致しました。

 

担任の先生に会うのみではありましたが…

 

行けてよかったです。

 

この流れで4月からは高校卒業、そしてあわよくば福岡教育大学入学と実現させていきたいものです。

 

遅ればせながらではありますが…

 

 

そんな事を思います今日この頃。

 

届きましたよ。

f:id:mntk1105:20170206092346j:image

 流し続けちゃっていますね。

 

なんか癖になる感じ…

 

1番はSeventh Heavenが一番好きですね。

 

でもShake Bodyは超えられませんね。

 

しかしながらアルバム、嫌いじゃなかったです。

 

これからも陰ながら応援したい行きたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

怒りを隠しきれません!!

先日ソニー生命保険株式会社が「方言のかわいさ自慢」と題してとあるランキングを発表されました。

 

まずはその見出しから見ていただきたい。

 f:id:mntk1105:20170130171107j:image

ほら。

 

もうこの時点で確定してるんすよ。

 

福岡県の方言=博多弁が一番かわいいってことが。

 

皆さんも思われたはずです。

 

「え〜。あの福岡県が2位!!なら1位ってどこだろう?」

 

あの福岡県を抜いたの〜!と興味を抱かせている訳です。

 

こりゃ見るしかないと。

 

さてさて、その気になるランキングを見ていきましょうよ。お。

 

f:id:mntk1105:20170130171500j:image

なんと一位はまたもあの「京都弁」でした。

 

もうほんとに…。

 

有名度ランキングじゃねーんだよ。

 

なんかAKBのランキング見てるみたいですね。

 

1位有名2位王道。

 

そうなんです。

 

前にも言いましたが、本当の本当にカワイイ方言は博多弁なのです。

 

f:id:mntk1105:20170130174105j:image

「お食べやすな。」

 

って言われてもね。

 

お上品ではありますが、カワイイとは思えません。

 

博多弁で「お食べやすな。」はこうなりそうです。

 

 

 

 

f:id:mntk1105:20170130174129j:image

「食べんね。」

 

はい勝ち。

 

勝ちまくり。

 

勝ちまくってく。

 

で結局「やっぱダメ。とっとく。」とか言い出すんすよね。

 

最高じゃねーか。

 

覆い被さってでも強制的に取り上げます。

 

「たらこ」であることにもご注目下さい。

 

超特急のタクヤさんはブログにてこのように言及されておいでです。

 

f:id:mntk1105:20170130175253j:image

 

タクヤさんはたらこがお好きでいらっしゃるようですよ舞妓はんよ、お。

 

そうなんです。

 

たらこは福岡博多の名産物でございましてね。

 

やば。

 

しかしながら、ここまでに勝ちまくっているというのに私の怒りが収まることを知りません。

 

そうなんです。

 

なんと福岡が熊本やらと同率タイとして並んでいるではありませんか。

 

…熊本の方言か。

 

知らないですね。

 

知らずして批判しても虚しいだけですので、私調べて参りましたよ。

 

例えば「これは新品なんだよ。触らないでね。」

 

熊本弁ですと…

 

 

f:id:mntk1105:20170130182329j:image

「こらあばだんね。かかんなすなよ。」

 

って言われるそうです。

 

そう言われてもね…。

 

不思議ではありますがカワイイとは思えません。

 

博多弁だとこうなりそうです。

 

 

  

 

 

f:id:mntk1105:20170130192912j:image

「これ新品やけんね。触らんでよ。」

 

 

はい勝ち。

 

独走。

 

ディープインパクト

 

 

ここに証明されました。

 

博多弁が一番カワイイってことを。

 

次からこのようなランキング作る際は是非嘘偽りなく博多弁を首位として掲載する様にして下さいね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドキドキしてた。ワクワクしてる。

店長が本日言明されました。

 

「新人君は基本ホールで使う。」

 

はい。

 

普通にふざけてんじゃねーぞ、あ。

 

グチグチ言ってもしょうがないのですが、やはりホールはイケメンさんと触れ合える可能性を孕んでおりますのでまあ口惜しいこと。

 

そんなことを思います今日この頃。

 

昨日かな。

 

お仕事終わりにコンビニ寄ったのですが、そのコンビニの隅っこになんと彼が居たのです。

 

その彼と目が合ってしまいました。

 

お持ち帰りもんだよこれ…

 

まず店内に背を向けて彼を取り上げます。

 

そして店員さんや周りのお客さんにバレないよう1、2秒間だけチュー。

 

ここからが大変。

 

ドキドキ。

 

彼を見られないようぐるっと巻いて、こそっとリュックに入れました。

 

mission clear

 

挙動不審な動きを見せてしまいましたので店員さんが目を光らせたことでしょう。

 

しかしその甲斐あって大好きな彼を手に入れることができましたよ。

 

その彼がこちら。

f:id:mntk1105:20170129011836j:image

いいでしょ。

 

羨ましいでしょ。

 

ゲットしてしまいましたね。

 

そんな彼の右上には「福岡」の文字が。

 

その「福岡」の文字自体が彼に似合っていると感じてしまうのは私だけではないと思います。

 

最早福岡で生まれ育って欲しかったですね。

 

 

 

ここでお詫びがございます。

 

調べてたんですよ。「超特急」って。

 

そしたらなんと「非アイドル」との文字が。

 

前回のブログにて超特急のことをアイドルアイドルって言ってたもんでして、もしかしたらファンの方に、そして超特急に対して失礼なことしてしまったんじゃないかと思っています。

 

失礼致しました。

 

 

お詫びといっちゃ何なのですが…

 

 

 

 

f:id:mntk1105:20170129023914p:image

 

 

 

 

 

f:id:mntk1105:20170129023937p:image

ポチッとしちゃいました。

 

 

アルバム買うなんて実に3年前の水樹奈々ぶり。

 

 

それはともかくお詫びとかなんやら言っておりますが、イヤイヤでは決してございません。

 

一体「非アイドル」とはなんぞや。

 

見てやろうではありませんか。

 

そして何よりタクヤさんをより深く知ってやろうではありませんか。

 

てな感じて今非常にワクワクしております。

 

楽しみですね。

 

届き次第開封します。

 

そして、その模様をこのブログにてお届けしたいものです。

 

彼らの音楽に触れることによってより豊かな毎日になりますように…。

 

 

…。

 

 

働こ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アイドルなんて0.01ミリでも意識してしまったら負け。

前のブログにて超特急のタクヤさんの画像を載せました。

 

ご来店されたイケメンがタクヤさんに似てるとの名目もってして。

 

そうなんです。

 

「ご来店されたイケメン」が「タクヤさん」に偶然似ていただけであって「タクヤさん」本人は僕の中で知ってて参考にしただけの言ってしまえばどうでもいい存在でした。

 

 

あの時までは…。

 

 

 そうなんです。

 

相手は「アイドル」だったのです。

 

 

「超特急」って結局何なんだろう?

 

からの、

 

YouTube観てみよ。

 

 

興味本位でした…。

 

 

そのYouTubeで目にしてしまったもの。

 

 

魅了してやるぜと言わんばかりのキレキレダンシング。

f:id:mntk1105:20170126020633p:image

 

俺だけを見てろよと言わんばかりのキメキメポージング。

f:id:mntk1105:20170126020657p:image

 

命懸けで自分を魅せてくる。

 

そう。

 

私は「アイドル」を観てしまったのです。

 

普通に罠。

 

TRAPなのね。

 

んで結局…。

 

 

タクヤさんの事を結婚前提に好きになってしまいました💚

 

 

 

私が拝見致しましたのは、

f:id:mntk1105:20170126021737p:image

「Shake body」という楽曲のMVです。

 

グーグルによりますと

f:id:mntk1105:20170126021939j:image

との意味があり、その言葉通り身体を思う存分に振り回されていましたね。

 

 

こりゃ参ったね。

 

メロメロマイメロディだわ。

 

 

この罠は深い模様です。

 

 

皆さんもアイドルには呉々もご注意くださいね。

f:id:mntk1105:20170126022956j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嗚呼。

前、と言いましても2日前のお話しですけれどもイケメンがご来店されました。

 

彼女さんとお二人でのご来店です。

 

イケメンは彼女と来なきゃいけないみたいな法律でもあるんですか?

 

まあいいとして、その彼。

 

何処かで見たことあるなぁ。

 

何処かで見たことあるなぁ。

 

何処かで見たことあるなぁ。

 

彼に似ていたのです。

 f:id:mntk1105:20170124000205j:image

タクヤに似ていたのです。

 

しかも彼は丁度緑色の「ニット」をお召しになられておいででした。

 f:id:mntk1105:20170124000038j:image

 

私。

 

彼女さんの目の前で、

 

つい

 

彼に

 

触れようとしてしまったではありませんか。

 

こればかりはある程度しょうがないのです。

 

「ニット」の似合う方に素敵でない方はおられません。

 

その様に素敵な方に触れようとしない方がおかしい。

 

ということで、私は彼に触れようとしたのです。

 

彼女さんの目の前でですよ!!

 

てかまじでつまづき倒れて彼の背中に抱きついてあの緑色の「ニット」嗅ぎゃ良かった。

 

嗚呼。

 

それにしてもつまづかなくとも彼を合法的に抱ける可愛らしい彼女さんがまあ羨ましいこと。

 

何この格差。

 

しかしながら私まだ諦めておりませんよ。

 

絶対に。

 

絶対に。

 

絶対に。

 

素敵な男性と抱き合ってやる。

 

イケメンと抱き合ってやる。

 

とか思いながら観る月9はやはり面白い。

 

その月9にちょっと気になる俳優さん発見。

 

f:id:mntk1105:20170124001838j:image

見たことある。

 

見たことあるけど名前わからないパターン。

 

f:id:mntk1105:20170124002138p:image

 

質問してみたところ。

 

発覚。

f:id:mntk1105:20170124002428p:image

夕輝壽太さんです。

 

かっこいい。

 

f:id:mntk1105:20170124002508j:image

 

f:id:mntk1105:20170124002538j:image

 

f:id:mntk1105:20170124002729j:image

それでいてかわいいってゆうね。

 

嗚呼。

 

鼻に特徴のある男性が好きです。

 

鼻を見て恋に落ちることもありました。

 

彼特徴的なお鼻をお持ちですよね。

 

好きなわけよ。

 

なので抱かれたいのですが、ダメなのですか。

 

抱かれたいのです。

 

ダメなのですか。 

 

抱かれたいのですけれど、

 

ダメなのですか。

 

 

 

 

 

 

 

 

持つべきものはかわいい後輩。持ってしまった醜い先輩。

本日もお仕事でございました。

 

夜勤務だったのですが、シフトを見てみますとどうもホールでのお仕事になりそう。

 

しかしながらなんということでしょう。

 

店長「今日キッチンやけん。」

 

普通にふざけてんじゃねーぞお。

 

キッチンでのお仕事でした。

 

ホールは新人君が担当でした。

 

今日もお客様がまあいらっしゃらず、余りに暇な日でした。

 

が、調理補助にはそんなの一切関係ありません。

 

仕込みがあるものでして。

 

この仕込みがまあ単調でかつ無駄に力仕事だったりしますので楽しいものでは決してございません。

 

「ホールしたい。ホールしたい。…」と呟いきながらホール缶開けてましたね。

 

しかしながらキッチン担当だからこそ得られる得もあります。

 

ホールは必ず1人はいなければならないのですが、キッチン、調理補助はいれば助かるくらいのものでいることの必須ではございません。

 

そうなんです。

 

早めに帰れたりするのです。

 

現に今日早上がりでした。

 

その上がる前のこと。

 

新人君にあるホールでのお仕事を教えてあげていました。

 

その途中、新人君が

 

「ちょいちょい表(=ホール)出てきて欲しい。寒いけん。」

 

と発言しました。

 

ここで、question。

 

新人君の発言から透けて見える魂胆を一番的確に説明した文を次の4つの選択肢の中から1つ選びなさい。

 

❶寒くなる前に帰りたいがために私を表に呼び出し、ホールの仕事を押し付けたい魂胆。

 

❷1人暇でいることに心情的な寒さを感じ得てしまい、その寒さを和らげるべく私を表に呼び出し、一緒に語り合いたい魂胆。

 

❸室温が低いことによる寒さに耐えかねず、私を表に呼び出し、温かく抱擁して欲しい魂胆。

 

❹表の意味する所が実は店の外にあり、その寒い表に私を呼び出すことによって、サド的欲求を満たしたい魂胆。

 

➀         ➁         ➂         ➃

 

さあ皆さんマークできましたか。

 

HB厳禁。

 

答えは❷です。(8点)

 

正直この言葉聞いた時凄く嬉しかったです。

 

この私と話したいって思ってくれていただなんて。

 

そして、それは何処か天然じみていて可愛らしくもありました。

 

先程申しました様にホールが暇であるからといってキッチンまでも暇であるとは限りません。

 

かつ新人君は私がキッチンで忙しくしているところを実際に目にしていたのです。

 

そんな私に「ちょいちょいホールに出てきて」っと頼む訳です。

 

その自己中心的な部分も含めて可愛らしいなぁと思っちゃいました。

 

それとは正反対に私は中々醜い模様です。

 

そんな彼に対して「ずっと裏でてろよ。」だなんて思っちゃってましたので✌︎('ω')✌︎

 

 

 

さて今回は、「中堅の安定感」「金にニヤケる」「女子力高め」の3本です。

アルバイトを始めまして早半年が過ぎました。

 

昨日から女性の方が新人として仲間入りし、今日数えてみたところなんと後輩が2人も出来ちゃっていました。

 

そんな状況の中店側が半年目の私に求めるもの。

 

それは「中堅の安定感」です。

 

そしてその要求にしっかりとお応えしていると自負しております。

 

ホールでのお仕事において失敗しないことはもとより、新人の教育にも力を入れておりますので。

 

「あいつをホールに入れときゃ大安泰。」

 

現にそう思われていることでしょう。

 

そんな今日この頃。

 

給料明細が届きました。

 

本日もホール担当でかつ暇すぎたのでお店で開いちゃいました。

 

見てみますとなんということでしょう。

 

まあまあ入っていたのです。

 

昨年度のお仕事を含めましても過去最高の額でした。

 

正直言っていいん。

 

ニヤケちゃいましたね。

 

しかしながらそのニヤケは単に欲しいものが買える!!との考えから出現したものでは無いのです。

 

社会からまあまあ必要とされたんだなぁ〜的な感慨からのニヤケでしたね。

 

そんなことを思い馳せながら帰路を辿りました。

 

家ではコンビニで買いましたスウィーツを口いっぱいに頬張るのを習慣としているのですが、今晩はそのスウィーツとしてプレーンヨーグルトに蜂蜜をかけましたものを頂きました。

 

おいしかったです。

 

それにしても女子力高めかも…。

 

やば。

 

それではまた次回もみてくださいね。

 

ジャンケン

 

✌️

 

ウフフフフフ。

f:id:mntk1105:20170119234323j:image