読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醜い濡れ烏のありつたけ

💚マイメロニナリタイ💚

ルネサンス

短期の目標ですが、誕生月であります11月までには自分になりたいと思っています。

 

今のあなたは自分じゃないの?と訊かれそうですが、そうなのです。

 

僕は自分の顔を自分で壊してしまいました。

 

2015年の4月。今では憧れであります自然な自撮りの顔に満足できなかった愚か者は鼻を親指を使って上へと持ち上げる行為をし始めてしまいました。

 

それを日々行い、そして、徐々にではあるが高くなっていく鼻に満足しながら日々ビジネスホテルでお掃除のアルバイトをしていました。

(おばちゃん達に優しくしてもらいました。)

 

10月。高くなった鼻に満足しながらもやはり自然が一番と思った自分は鼻を強く親指で押し込みました。そして、潰れて見えた鼻が嫌でまた上へ持ち上げたりとアリ地獄にはまってしまいました。

 

その時期から僕は地獄の日々を送ることになります。

 

鏡を見て自分だと認識できないまでに壊してしまいました。

 

口癖が「なんと!」から「死にたい」
に変わりました。

 

ずっと心地よかったはずの夜更かしは

只々悪魔の時でしかなくなり、規則正しい生活を送ることになりました。

 

とにかくその当時はガチめに

自害したく存じておりました。

 

2016年1月、ネットで美容整形外科を検索していたところ、近くに整顔矯正を行っている整骨院を見つけました。

 

ダメ元でメールを送ってみたところ、元に戻せる可能性があるということで、通い始めました。

 

それけら1ヶ月に1回のペースで施術を受け続けました。

 

4月、お掃除のアルバイトを円満な形で退職しました。

 

それから、僕は家に引きこもりました。

 

とにかく精神的にきつすぎました。

 

現実逃避としてよく本を読みました。

当時、西洋美術に興味を持ってしまいましたので、その関連の本を読みました。

 

モナリザの美の別格さに気づきました。

 

ゴッホの種まく人の青に惚れました。

 

ここで一つの夢を持ちます。

 

【自然な顔の自然な自分に、一目惚れして買った1万後半円の腕時計を腕に巻き美術館に行くこと】

 

なんとか生き延びて7月。7回の施術を受け、まだ鼻が上下において高いことを否めませんが、信じられないくらい元に戻っているではありませんか。鼻の移動は目にも影響していたらしく、目までも元の有様に戻っているのです。

 

ということで、精神的に落ち着きを取り戻し、7月から小さなイタリアンレストランで調理補助のお仕事を始めました。

 

これが初期ルネサンスなのであります。

 

伊達眼鏡を掛けながらではありますが…

 

失敗ばかりではありますが、自分にできることを精一杯しているところです。

 

主に皿洗い、そしてピザを作ることを任されております。

 

最近になってピザもうまく作れるようになりました。

絶対に美味しいと人を唸らせる自信があります。

 

この前、お店にお母さんとお子さん二人が来店されました。七つ位の息子さんをふと目にし、あまりにも美形でありましたので、勝手ながらお父さんがイタリアの方でハーフなんだろうなと妄想しながら注文されたマルゲリータを二つ作りました。

 

その息子さん。

まあ美味しそうに頬張ること。

 

その様子を見、僕はほんのりとした感覚に陥りました。

 

ほろ酔い飲んでたわけではありません。久し振りに幸せを感じちゃったのです。

 

…「本場の舌が受け入れた。」

 

その時僕は決意しました。

 

【僕が幸せになれる可能性はまだある。

ならば絶対に顔を100%元に戻し、絶対に幸せになってやる。】

 

今は、西洋美術をかじった流れで、

宗教の本を読んでおります。と同時に

チャレンジ百人一首と銘打ちまして、百首覚えてやろうと奮闘しております。

 

これらも残念ながら現実逃避の意義が含まれていますが、昔とは違ってそれ以上に教養を身に付け自分を磨きたいという意義もあります。

 

11月までには100%後者にありたいわけです。

 

次回の施術は8月12日に予定されています。自分率85%から90%への施術だと勝手に思っています。楽しみ。

 

よし。 

 

待ってろよ。

 

 国立西洋美術館

 

p.s

嫌いじゃない男性のタイプは案外いい身体かもしれない男性です。

f:id:mntk1105:20160803203209j:image 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ