醜い竹の子論 Ⅱ

日本美術、西洋美術に関心が御座います。アナウンサー大好きです。家庭科教諭を志しております。

感謝

実はつい先程、お世話になっております整骨院の先生と電話を介してお話し致しました。

 

そこで、私が顔について気にしている箇所を先生に相談し、その症状に適した施術方法を一緒に模索して下さいました。

 

そして提案された施術は私に取っても非常に納得のいくものでありました為に今現在まま安定した精神状態を取り戻しております。

 

まさかここまで親身になって相談に乗ってくださるとは思っていなかったですので、非常にいい先生に巡り会えたなぁとつくづく私の人運の良さに驚くばかりです。

 

 

 

今朝、あるメルマガが届きました。

 

そこにはこんな言葉が記されてありました。

 

 

   長雨も、いつか止む

   雨が降っている時は

   晴れた日のために

   準備をしておこう

 

 

この言葉にまた強く励まされました。

 

 

今現在、雨が緩急をなして降り続いております。

 

 そんな中出来る事といえば、只々晴れの日を思い切り楽しむ為によく準備しておく事。

 

 その準備は着々と進んでいるなと思っちゃったりもします。

 

アルバイトでお金を貯め、自習室でお勉強をして…。

 

そうです。これらは全て今現在の自分の為にしている事ではありません。

 

自然な顔に戻った自分が困らない様、そして心の底から幸せを感じられる様にする為の準備でしかないのです。

 

言い換えますと、今は只々前進する事しかしてはならないのです。

 

今の自分がどんなに辛くても、不安でも、寂しくても…兎に角歩き続ける。

 

それしかしてはならないのです。

 

 

…逆に考えますと、「もしかしたら幸せになれるかも知れない」と思えている今現在実はまま恵まれているのかも知れません。  

 

 

そうでした。

 

恵まれています。

 

 

いい先生と出会えました。

 

優しい母を持ちました。

 

しっかりと見てくださる先輩方に出会えました。

 

 

だからこそ今こうして歩けている。前を向いて。

 

 

なんだかんだまず私のすべき事って感謝だったのかも知れませんね。

 

という事でこの場でひとつ感謝させて下さい。

 

f:id:mntk1105:20160908001040g:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ