読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醜い濡れ烏のありつたけ

💚マイメロニナリタイ💚

HAI ~それは人間の闇~

ランナーズハイという言葉を聞いた事があります。

 

「調整さん」というサイトにこの現象について詳しく書かれてありましたので一部ご紹介致します。

 

ランナーズ・ハイになっている時の脳の状態を調べたところ、「α波」という脳波と「βエンドルフィン」というというホルモンがたくさん分泌されていたそうです。

「α波」はリラックス効果がある脳波のことです。「βエンドルフィン」はモルヒネと同じような働きがあって、ストレスを取り除く幸せホルモンのことです。
ランニングなどで身体に負荷がかかり自分の限界に近づいてくると、こういった脳内麻薬が分泌されるのです。」

 

 

 

最近バンバン出ちゃうの。

 

勿論走ってではありません。

 

ならいつ出ちゃうか。

 

まずアルバイト中に出ちゃうの。

 

キッチン、ホールと慣れてきたからか、一つ一つのお仕事を素早くかつ正確に出来る様になりました。

 

こうなってきますと、毎日のお仕事が最早ゲーム感覚なのです。

 

 

もっと素早く…。

 

 

もっと正しく…。

 

 

こんなんじゃダメなんだよ!!

 

 

こんな言葉を脳内で繰り返している内に、いつの間にか「はい」になっちゃってるのです。

 

「はい」になった瞬間決まっていつも脳内でこう叫んでおります。

 

 

 

「もう誰にも止めらんないよ。」

 

 

 

次にお勉強中に出ちゃう。

 

本日もそうでした。

 

世界史のお勉強中でしたね。

 

教科書をノートにまとめる作業をしていた時でした。

 

「あらやべ。手が止まんねー。」

 

この感覚。

 

「はい」っちゃってたんですね。

 

それにしても、お勉強で「はい」っちゃえるなんてとてもありがたい事です。

 

 

問題は「はい」現象後。

 

 

「はい」から抜け出した後すげー幸せなのです。

 

上の説明を見ますとそれはβエンドルフィンの作用の様です。

 

只々結構な事の様に思えますが、実はまま恐ろしい事なのです。

 

 

まだ当たり前の自然な自分じゃない至って強く幸せを感じられる様な状態でない自分が強く幸せを感じちゃってるのです。

 

 

これは人間の闇っすね。

 

説明文にあります「脳内麻薬」という表現がその事を端的に表している様な気が致します。

 

 

しかしながら、闇だろうが脳内麻薬だろうが現実逃避にはもってこいです。

 

ということで、しばらくはその麻薬に酔いしれたく存じます。

 

今一番にすべき事は現実逃避してでも「その日」まで生き抜くことですのでね。

 

f:id:mntk1105:20161018005505p:image 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ