醜い竹の子論 Ⅱ

好きな科目は地理と現代文!アナウンサー大好き!夢はとっても優しい家庭科の先生になること!

職場、そこは大奥。

あるちょっとかわいい女子短大生の先輩が無断でお仕事をお休みされ続け、挙げ句の果てに無断でお辞めになられた模様です。

 

遊びたい盛りなのでしょう。

 

 

しかしながら誰にそのシワが寄るか。

 

 

私にです。

 

といいますのも、奥様、学生さん中心の職場において私程シフトの融通のきく都合のいい人間は他に居ないのです。

 

という事で、最近はお昼から夜まで頑張って働く日々が続いており、これからも続きそうです。

 

その様な状況下にありますと嫌な気分になりそうなものなのですが、逆に意外と前向きな気持ちもってしてお仕事に取り組めております。

 

 

 

実は初めてのアルバイトは去年度のお掃除のお仕事ではなく、3、4年前に就きましたコンビニでのアルバイトでした。

 

先輩のおばさんに嫌われました。

 

9日で無断退職しました。

 

その何カ月か後にスーパーでのレジ打ちのアルバイトをしました。

 

5000円無くしました。

 

1日で無断退職しました。

 

その当時の職場にこんな感じで迷惑かけたんだなーと申し訳なく思うと同時に、現在の自分と比較して成長したんだなーとも思えます。

 

 

今と昔と何が違うのかなーと思索してみますと、どうやら能力的にはそう違いはない様です。

 

だって今でもやらかしちゃいますもの。

 

なら何が違ったか。

 

考え方でした。

 

お掃除のお仕事を1年間勤めあげた成功体験からか「なんだかんだこんな僕でもやりゃできる様になる」と思える様になっていたのです。

 

やはり、この考え方を身に付けられたことは自分にとってとても大きな事でしたね。

 

これから生きていく上での糧と言っても過言ではありません。

 

そんな“糧”を食しながらのお仕事はどこか激しめなのであります。

 

「やってやんぜ」との気概で満ち満ちとしちゃっておりますので。

 

「やってやんぜ」「やってやんぜ」と呟きながらお仕事に勤しんでいる内にふとハイに陥り、そしてそのハイに酔っちゃったのか脳内の自分がなんとこう叫び出し始めるのです。

 

 

「ここは大奥じゃよっっっ!」

f:id:mntk1105:20161121084635j:image

 

はぁ?と思われるかもしれませんが、なんかキレるかの如く大声で叫んじゃっているのです。

 

バイト中に。

 

でもこれが意外と楽しかったりするんですよね。

 

大奥といえば激しく燃ゆるライバル心。(知らないけど。)

 

という事で勝手にライバル視していたのが冒頭で紹介致しましたあのちょっとかわいい女子短大生だったりしたのです。 

 

 

 

よって勝手に思っております。

 

 

 

勝った、と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ