読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醜い濡れ烏のありつたけ

💚マイメロニナリタイ💚

号泣致しちゃった。

映像作品を観て泣く事は何方かと言うと少なめです。

 

そうとは言いつつ、さっき号泣しちゃいましたね。

 

何を観たか。 f:id:mntk1105:20161126093825j:image

砂の塔です。

 

序盤では高級タワーマンションでの陰湿ないじめ模様がメーンで描写されていて、何処か安っぽさを感じていたのですが、最近になって急激に面白くなってきました。

 

息子の和樹くんがグレ始めた所からでしょうか。

 

正確に言うと本当の和樹くんが現れ始める所からとでも言いましょうか。

 

そんな和樹くんを心配し続ける菅野美穂さん演じますお母さんの健気さに、そしてそれを受けての和樹くんの葛藤模様にについつい涙してしまいましたね。

 

まあ菅野美穂さんのお母さんの演技が上手すぎるんですよ。

 

あのお母さん感は半端ない。

 

 

砂の塔。

 

それだけでは御座いません。

 

がんちゃん演じます生方コーチと亜紀さんとの神妙な関係性にまたズクズクしちゃうのです。

 

がんちゃんが出ているシーンの時だけついつい菅野美穂さんの真似しちゃうのはここだけのお話。

 

兎に角その関係もどう展開されていくのか、次回からが余りにも楽しみで仕方ありません。

 

 

因みに、ドラマを観始めたきっかけとなった作品は、

 f:id:mntk1105:20161126100452j:image

昼顔です。

 

2年前、誰もいないリビングで危うくも垂れ流しにされてあり、ふと目にした所、吉瀬美智子さんが吉瀬美智子さん過ぎてついつい見入ってしまった事が昼顔を見始めたきっかけです。

 

確かレジでのシーンだったと記憶しております。

 

そこから毎週欠かさずに観ていましたね。

 

興奮しながら…。

 

今となっては一番好きなドラマです。

 

しかしながら、もし、あの時リビングで垂れ流されていなければ危うくも見逃す所だったのです。

 

よって次クールからは兎に角各ドラマの1話は録画して必ず観ようと決めております。

 

そんな奏が功して、砂の塔にも出会えた訳です。

 

 

因みに因みに、ドラマを観て号泣したのは砂の塔が初めてではないのです。

 

このドラマも2年前でしたね、再放送という形で放送されていました。

 

昼顔ではありません。

 

f:id:mntk1105:20161126101444j:image

はつ恋です。

 

これも木村佳乃さん演じますお母さんの母性についつい涙してしまいましたね。 

 

心に留まり続けている作品です。

 

 

因みに因みに因みに、初めて泣いた映画もご紹介したいです。

 

昼顔ではありません。

 f:id:mntk1105:20161126101905j:image

ボーイソプラノです。

 

この少年が歌い出す毎に泣いちゃったものです。

 

ここまでに「もう歌うな!」と訴えかけた映画は最早レミゼぶりです。

 

ボーイソプラノという至って有限な世界での葛藤模様も強く胸に響きました。

 

 

どの涙にも共通して気持ち良さがありますね。

 

これからも是非ネガティヴにではなく気持ち良く泣きながら生きていきたいものです。

 

(昨日の整顔矯正によってまた1つ顔が元に戻った今、かなりの確率でそうして生きていけそうになっています。)

 

 

と思いながらゲオに行ってタイタニック借りようと思ったら何と置いてないではありませんか。

 

レンタル中と言う訳ではなく、扱っていなかったのです。

 

タイタニック置いてないDVDレンタル店なんてあっていいの?

 

 

はよ潰れろよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ