読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醜い竹の子論 Ⅱ

日本美術、西洋美術に関心が御座います。アナウンサー大好きです。家庭科教諭を志しております。

おいおいちょ待てよサンタ来てねーじゃねーか。

あーあ。

 

昨日も一日中お仕事でした。

 

夜は初めて出来た後輩とのお仕事でしたね。

 

今日がアルバイト初日だった模様です。

 

ということもあり先輩たちは皆「かっこいいとこ見せたろ」と生き生きと働いているように見えました。

 

そんな中、

 

私だけ「かっこ悪いとこ見せたろ」と言わんばかりにやらかしまくっちゃいましたよ。

 

伝票に書いてあるピザを所々作っておらず、その結果お客様を待たせてしまうはめに。

 

毎度毎度強く「伝票だけは兎に角舐めるかの如くに見ろ」と自分で自分に声をかけていたのに目逃してしまっていたのです。

 

最終的に社員の舌打ちをお久しぶりに聞くことが出来ましたね。

 

疲労が溜まってしまい集中することが出来ませんでした。と言い訳することはでき得ます。

 

にしてもやはり悔しい。

 

恥ずかしい。

 

情けない。

 

 

最悪のクリスマスでしたね。

 

いい子にしてたんだから少し位プレゼントくれてもよかったのに。

 

サンタさんのケチ。

 

 

にしても来年の自分はどうクリスマスを過ごしてるのだろうか。

 

受験勉強していてほしいですね。

 

 

受験と言えば最近気になっている大学があります。

 

国際基督教大学です。

f:id:mntk1105:20161226040404j:image

 

美術・文化財研究 とのメジャーが設置されてあり、そこで西洋建築とか西洋美術とかを学べれば楽しいんだろうなー、とか思っちゃっています。

 

もちろんトップクラスの偏差値、高すぎる学費、変な入試。現実を知らないわけではありません。

 

だからこそ、なんというかこの「野心」が疼く。

 

 

 

上がるだけの人生。

 

 

上がるからには…。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ