読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

醜い竹の子論 Ⅱ

日本美術、西洋美術に関心が御座います。アナウンサー大好きです。家庭科教諭を志しております。

超★絶★速★報

はい。ありがとうございます。はい。ありがとうございます。はいはーい。ありがとうございます。

 

 

 

イケメンご来店です。

 

 

 

運だけはよく今日もホールでのお仕事で、彼を精一杯もてなすことが出来ました。

 

彼。ガチでかっこよかったっす。

 

芸能人でいいますと、町田啓太さん似でしたね。

f:id:mntk1105:20161230151503j:image

お顔がホント小さくて、全体的に暗くまとめたファッションがまあお似合いでかっこよくて、おまけにいい匂いまでして…。

f:id:mntk1105:20161230152032j:image

 

当然のように隣におられました可愛らしい彼女さんがまあ羨ましいこと。

 

食後にホットコーヒーを頼まれていましたね。

f:id:mntk1105:20161230152425j:image

素敵すぎはしませんかね。

 

そんな彼のお冷グラスを覗き見ればなんとすでに空っぽ。

 

私すかさず彼の元に行きお冷を注いであげました。

 

すると彼はそのキラッキラな瞳で私の目を見つめ、「ありがとうございます。」と声をかけて下さいました。

f:id:mntk1105:20161230152848j:image

 

私、バカバカ〜💕。

 

そん時チャンスだったんだよ。

 

あひる口して上目遣いかましてやりゃよかったところを…。

 

彼のお顔を視界に入れながらもつい目を逸らしてしまいましたね。

 

何やってんだか。

 

あっんなに見つめられといて。

 

後悔…。

 

しかしここまでは彼といい感じ。(接客的に)

f:id:mntk1105:20161230153342j:image

 

よし!レジにて彼のラインID挟まった伝票受け取ってくれようと思った次の瞬間。

 

 

店長「今から休憩入って。」

 

 

 

普通にふざけてんじゃねーぞ、お。

 

彼と最後の最後で会うことが出来ず…。

 

 

はぁ。

 

またのご来店お待ちしております。

f:id:mntk1105:20161230153841j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 


人気ブログランキングへ