醜い竹の子論 Ⅱ

日本美術、西洋美術に関心が御座います。アナウンサー大好きです。家庭科教諭を志しております。

福岡を愛しております。

こんばんは。

 

さて、連日テレビで放送されておりますように、福岡が大変なことになっております。

 

福岡県朝倉市に数十年に一度の大雨が降りつけました。

 

朝倉は、私の住んでる博多の南東に位置しているのですが、そこに超局地的に降りつけたようで、私の住んでるところには全くの被害に遭いませんでした。

 

ですので、ほんとに福岡県内で起こってることなの?とついつい疑ってしまいます。

 

朝倉と言いますと、正直行ったことのなく、余りイメージの湧いてきません。

 

自然豊かそう…思えるのはそのくらいです。

 

好き好き言いながら案外福岡のこと知っていないのです。

 

てことで、私、決めました。

 

福岡県を探索いたします。

 

はい。

 

いつものお散歩とは一味も二味も違いますよ。

 

そしてその様子を「みにぶらり」と題してお送りしたいと思っております。

 

ブラタモリ」のパクリです。

 

「みに」には醜い、そして小さくとの意味を持たせております。

 

「ぶらり」にはそのままの意味でぶらり、そして、最終的にはライブラリとして体系化出来ればいいなとの思いもあります。

 

てか、今気づいたんですけど文字の大きさとか色とか変えられたんですね。

 

知らんかった

 

すげー。

 

こんなことパソコンでしか出来ないって思ってました。

 

まあ、それは良いとして、明日、旅立ちたく思っております。

 

何処に行くか。

 

久留米」に行ってきますよ。 

 

勿論一人で。

 

何故久留米か。

 

美術館があるんですよ。

 

久留米市美術館が。

f:id:mntk1105:20170708205803j:image

そこでは現在展覧会が催されておいででして、なんと、私の大好きな印象派の絵画が展示されてるのです。

f:id:mntk1105:20170708202833j:image

そして、出品目録を見ておりますと、「モネ」、「ルノワール」といった巨匠達の名前が平然と載ってあったのですが、その中には「ジョルジュルオー」との文字が。

f:id:mntk1105:20170708203102j:image

実は私のプロフィール画像にしてるこちらの絵を描かれたお方なのです。

 

こりゃ行くしかなくね?

 

で、美術館めぐりの後は…

 

とその前にご紹介したいものがございます。

f:id:mntk1105:20170708204051j:image

こんなものあれば良いなぁと思っていた夢のような切符がちょうど売られていたのです!

久留米 花と美術館散策きっぷは「西鉄電車往復乗車券」、「西鉄バス往復乗車券」、「久留米市美術館入館券」、「カフェ&ギャラリーショップ 楽水亭 抹茶セットもしくは紅茶」の4つがセットになり、さらに各種特典のついたクーポンがセットとなった大変おトクなきっぷです。久留米の花と芸術をぜひお楽しみ下さい。

 

(引用のこの縦棒にすげー憧れておりました。)

 

上記のような内容の切符でして、お値段なんと約2000円です。

 

その中には楽水亭とのカフェで使えるサービスもあるようで。

 

これを使わない訳にはいかないという事で美術館巡りのあとは楽水亭にてお食事をしたいと思っております。

f:id:mntk1105:20170708210016j:image 

これまた素敵なところにあるんですよ。

 

日本庭園を望みながらお食事を頂けるとのことで今からとても楽しみです。

 

しかしながら、正直葛藤もありました。

 

久留米って、朝倉の隣なのです。

f:id:mntk1105:20170708211906j:image

久留米にも雨の被害の及んだようです。

 

自粛すべきかと悩みました。

 

しかし、僕は行くことにします。

 

絶対にこの方が久留米のためになります。

 

福岡のためになります。

 

生憎、明日も久留米は雨模様です。

 

雨の日本庭園ってのも素敵じゃないですか。

 

 

 

 

最後になりましたが、被災者の方々に深くお見舞いお悔やみ申し上げます。

 

皆さんが大切にしてこられた福岡を、僕もこれから大切にしていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする