醜い竹の子論 Ⅱ

好きな科目は地理と現代文!アナウンサー大好き!夢はとっても優しい家庭科の先生になること!

もし男に抱かれなければ、内なる呼びかけの声に導かれてみます。

4年後の2021年11月5日。

 

大学4回生を過ごしている予定です。

 

その日に25歳になるんですね。

 

その日を、僕は全力で幸せにします。

 

絶対にそうしてやります。

 

100パーセントの自分を殿に抱いてもらう。

 

それが僕の幸せです。

 

もし、それが叶わなければ、自分にはもう見込みの無いものと見傚します。

 

仮にそうなってしまいました翌日は11月6日。

 

僕はマザーテレサになります。

 

ガンディーになります。

 

マララになります。

 

何を言いたいか。

 

自分に求めることをやめ、平和に身を捧げます。

 

殿を求めることをやめ、平和を求めます。

 

正直「死にます」とか言うつもりでしたが、せっかくこの世において手を振れたのです。足を進められたのです。言葉を発せたのです。

 

どうせ死ぬのでしたら、誰かの笑顔に生きます。

 

人を笑顔にする事は小さい時からしてましたし、なんだかんだいって性分。

 

僕に唯一出来ることなのかも知れないのです。

 

て事でそう決めました。

 

具体的な計画もございます。

 

まず、折角なので中高家庭科の教員免許を取って学部を卒業致します。

 

そしてなんか知らないけどイギリスはブラッドフォード大学にて平和学を学びます。

f:id:mntk1105:20170926201441j:image

 

平和学で有名な大学なんですって。

 

どういう形になるかは計り知れませんが、卒業致します。 

 

で、その後どう致しましょ。

 

コルカタのスラムにて奉仕活動でもしようかしら。

 

そうしましょうよ。

 

待ってて、貧しい子達。

 

お腹いっぱいさせたげる。

 

兎に角僕は生き続けます。

 

自分がどうあろうと何かしらに貢献し続けます。

 

それだけは確かな事です。