醜い竹の子論 Ⅱ

好きな科目は地理と現代文!アナウンサー大好き!夢はとっても優しい家庭科の先生になること!

子どもが欲しい。

1ヶ月ぶりですね。

 

お久しぶりでございます。

 

こっちは相変わらずです。

 

マックで勉強したりしなかったりの日々。

 

やっぱマック良いよあれ。

 

店員さんかっこいいし。

 

ほんとかっこいい方多いんですよ。

 

結婚したいランキング出来ちゃってますもの。

 

それは良いとして、マックにずっとおりますと、マクドナルドのcmが異常に気になりだすです。

 

最近はパナップとマックフルーリーがコラボしたと聞き、早速注文してみました。

f:id:mntk1105:20171026180700j:image

美味しかったです。

 

サクッとした食感も楽しんで頂けます。

 

そしてそして話が変わりますが、昨日ですね、無事希望していた奨学金の貸与が内定致しました。

 

そのせいかモチベーションすんげー上がっております。

 

このチャンス、逃せない。と。

 

後はもうとことん勉強するのみです。

 

と言うことで早速デパートへ参りました。

 

そのデパートこそ小さい頃から家族で行っていた大切な、思い入れのある場所なのですが、最近は何の宿命か今通っている学校の近くにありますので、放課後に一人自転車でさっと行く機会が増えました。

 

そのデパートに着きますと決まってすることがあります。

 

まず1つ。

 

ABCマートを通ってお気に入りのお兄さんがいないかどうか確認する。

 

この前、そのお兄さんと出会いました。

 

ただ目にしただけなんですけれども、全身黒のファッションが良くお似合いでいらして、とってもカッコよくって、あれ以来気になっているのです。

 

今日は居ませんでしたね。

 

残念。

 

次居たら接客してもらおうかしら…。

 

そして次に本屋さんへ向かいます。

 

そこの教員採用試験コーナーへと向かい、家庭科の試験の過去問をパラパラッと覗くのです。

 

そこにはビタミン…とかジャガイモの…とか書いてあり大変興奮します。

 

そして、胸に刻むのです。

 

「絶対に家庭科の先生になってやる。」

 

と。

 

絶対に諦めないぞと。

 

そして本屋さんを後にしましてデパート内をうろついておりますと、とても可愛らしい面立ちの男の子がおりました。

 

それこそ3、4歳です。

 

ぷくっとしたほっぺをされてましたので、そう子どもを見て可愛いなどとは思わないのですが、今回ばかりは思わず可愛いと思ってしまいました。

 

まんまるい目されててね。

 

それと同時に思ったのです。

 

僕の子供ってどんな子なんだろう。

 

誰しもそんな興味持ち得ますよね。

 

僕も同じです。

 

しかしながら、皆とは違うことに、僕は子どもを作れないのです。

 

正確に言うと女性を愛せないのです。

 

男性に愛されたいのです。

 

どういうものなのでしょう。

 

愛する人と家族を築くって。

 

想像もつきませんね。

 

永遠のテーマです。

 

そんな境遇だからこそ、僕は職を通じて、誰かに貢献することによって幸せを求めてくしかないのです。

 

ポジティブではございます。

 

だってどんな幸せがあるかなんて分かったものじゃないんですもの。

 

とにかく生きて参ります。