醜い竹の子論 Ⅱ

好きな科目は地理。将来グローバル化させた家庭科の授業をする事が目標。

お人柄には嫉妬しない。

今晩は。

 

嫉妬研究家です。

 

最近面白い事に気が付きましたので、ここにご報告させてください。

 

結論から申し上げます。

 

実は…

 

人は…

 

最低でも私は…

 

お人柄には嫉妬しないのです!!

 

そうなのです。

 

って言いますのも聞いてください。

 

ずっと言っておりましたが、私は女子アナが大好きです。

 

NHK近江友里恵さんに、夏目三久さん。フジテレビは生野陽子さんにテレ東大江麻理子様。

 

皆さんお綺麗で、早稲田であったり東京外大であったりの所謂良いところの大学を出られており、その上キャリアも順調に築かれておいでです。

 

私はそれら全部含めてその方々の事が大好きなのです。

 

これって面白い事ですよね。

 

だってお綺麗で、高学歴で、尚且つお仕事できてって、嫉妬深い私の恰好の嫉妬対象じゃないですか。

 

しかし、嫉妬しなかったどころか寧ろ逆にその輝かしい所が大好きなのです。

 

しかしです!!!

 

これまた面白いお話なのですが…

 

新人アナウンサーたる人には超絶嫉妬しちゃうのです!!

 

綺麗で…可愛くて…またはイケメンで…高学歴で…テレビ局就職出来てて…。

 

最高に嫉妬しちゃうのです。

 

ここで一つ好例となりますアナウンサーをご紹介させてください。

f:id:mntk1105:20180501032654j:image

フジテレビは宮司愛海アナウンサーです。

 

彼女は2015年度に入社されました。

 

その当時、宮司アナに対しちょっとだけ嫉妬したことを覚えております。

 

早稲田卒で…可愛くって…チヤホヤされてそうで…

f:id:mntk1105:20180501032903j:image

この時ですよ。

 

そんな彼女も入社4年目。

 

今となってはフジテレビのスポーツアナはエースとして活躍されておいでです。

 

そんな彼女の事が、気づけば本気で好きになっていたのです。

 

ファンになっていたのです。

 

決して強がっているわけではございません。

 

しかしながら、新人の時に見た宮司アナウンサーと今見ている宮司アナウンサーと、一体何が違うのでしょう。

 

宮司アナは私と同じ福岡ご出身でして、アナウンス能力の面でも実力があり、お声も自分だけのキュートなお声をされてまして性格に関してもはっきりとされててあのさま〜ずのお二人を前にされましても毅然と振舞われて…。

 

そうなのです。

 

私は、宮司アナのお人柄を知ってしまったのです。

 

もっと言えば、そのお人柄を好きになっていたのです。

 

それにより宮司アナへ嫉妬心がいつのまにか好意にへと変わっていたのです。

 

その事にさっき風呂で気づきました。

 

でも振り返ってみれば、嫉妬していたのは、いつでも私の知らない人でした。

 

知らない無名イケメン俳優。

 

知らない売り出し中の可愛いアイドル。

 

知らないふとインタビューでテレビ映ってたイケメン大学生。

 

天神で一瞬すれ違った知らないイケメン。

 

イケメンが恋愛対象なのにも関わらず最近は何故か専らイケメンばかりに嫉妬しちゃってました。

 

この前も山口達也メンバーの記者会見でマイク持って取材していた記者が良くは見えませんでしたがなんかすげーイケメンそうでテレビの前で嫉妬していました。

 

しかし、カメラがその記者を捉えた所、その記者がTBSの赤荻アナウンサーだった事が分かったのです。

 

その瞬間嫉妬がサーと消えていきましたね。

 

ていうのも、赤荻アナウンサーの真面目でいてお茶目な所もあるお人柄を知っていて、そのお人柄をも含めて好きな人だったからです。

 

この様にいつも決まって知らない人に対して嫉妬してしまっていたのです。

 

これらは全てお人柄を知らない事が原因でしたね。

 

逆に超有名なイケメン俳優、例えば山崎賢人くんだとか坂口健太郎くんだとかには一切嫉妬しないのです。

 

こちらもやはりお二方のステキなお人柄を知っているからだと説明がつきます。

 

キャーキャー騒がれている姿を見て、逆に清々しくすらあります。

 

皆様もいくら大人気だからといって国民的アイドルグループ嵐には嫉妬しないでしょう。

 

どうでしょう。

 

以上の様に、嫉妬しちゃうって実はその対象の人を大好きになれるポテンシャルを盛大に秘めている事を示しているとも言えるのです。

 

大好きレーダー❤️

 

だって、まずはその人の表面上での良い面を見聞きし知っちゃった訳ですから。

 

後はお人柄を知るのみです。

 

お人柄が好きだったら、その人の事を大好きになれます。

 

逆にお人柄が嫌いでも、最早その人の事をわざわざ嫉妬する事は無くなるでしょう。

 

勿論多様な価値観のある中で、嫉妬しちゃう対象の人も人によって異なります。

 

よって、以上の事が全ての人に当てはまる訳では無い事は承知しております。

 

しかしながら、私はこの考え方のお陰で嫉妬から解放され、かなり楽になれました。

 

嫉妬しちゃう人が出てきてしまいましたら、これからはその人のお人柄にまで注目してみたく存じます。

 

大好きになれるのかもしれないのです。